星の見える東京
日記

こまえ桜まつりとダンス

狛江の桜も、もう満開の時期は終わったかな、と思う。

休日。多摩川沿いは花見客が多かったものの、桜はだいぶ散り始めていた。

桜について言うと、去年よりも元気がないような気がする。

もしかしたら、この数年がとりわけ元気がよかっただけなのかもしれない。植物の生育がよく、生命力で溢れていた。桜も、昨春はものすごい桜吹雪が夢の世界のように舞っていた。

でも、今年はどこか弱々しい。よく言えば、「優しい」感じがする。なぜかは分からない。

この時期には、毎年狛江市が主催する「こまえ桜まつり」というお祭りが行われる。

今年は4月1日。これまで行ったことはなかったが、ちょっとだけ歩いてみた。多摩川近くの根川さくら通りで行われ、桜の木々の下に屋台が並び、催し物が開催される。

規模としては小さかった。でも、花見客の買い出しも含め、大勢のひとで賑わっていた。

僕が立ち寄った頃は、ちょうど小学生くらいの女の子たちが長縄を使ったストリートダンスのパフォーマンスを披露していた。

リズミカルな音楽に合わせ、縄をまわす子と跳ぶ子がくるくると変幻自在に入れ替わる。

思わず見惚れる。

もともとダンスのような身体表現に憧れがあったこともあって、感動して涙が出そうになった。

桜の季節ももう終わりだ。

これから梅雨までのあいだは、しばらくのどかな春の陽気が続くのだろう。

1+