星の見える東京
日記

一月、ひっそりとほころぶ梅の花

[PR]東京6万円以下専門店【部屋まる。】  [PR]引っ越しってどこが安いの?

ひっそりとほころぶ梅の花

年明け数日は、普段の冬服だと汗ばむくらいの陽気。

三月並みの気温だったらしく、それから一転して冷たい雨が降り、その間は寒さも厳しく、手がかじかむ。

雨が上がると、雲間から白いひかりがさしこみ、淡いひかりの向こうに立っている木々のつぼみが幾つか恥ずかしそうにピンク色の花を咲かせていた。

鳥たちは活発に枝と枝を飛び交い、水たまりを弾くような清らかな鳴き声がひときわ輝きだす。

虫の苦手な女の子が、「わたしには見える、やつらはうごきだした」と落ち込んでいた。

一月の、ほんのりと春の訪れを匂わせる、光景。

0