星の見える東京

三浦しをん『風が強く吹いている』|小学生の読書感想文にもおすすめの一冊【読書感想文】

[PR]東京6万円以下専門店【部屋まる。】  [PR]引っ越しってどこが安いの?

風が強く吹いている

風が強く吹いている

著者 − 三浦しをん  出版 − 2009年

─────

 

箱根駅伝を題材にした青春小説、三浦しをん著『風が強く吹いている』。

漫画やアニメではなく、文章のみでスポーツの臨場感を表現するのはとても難しいもの。だから、読んでいてもきっと興ざめするんだろうなと、これまでスポーツが題材の小説はなるべく避けてきました。

でも、この『風が強く吹いている』は、その臨場感や疾走感が、文字という静の媒体にも関わらず見事に表現されていました。

設定自体は、ほとんど漫画のような話です。以下、小説のあらすじを簡単に解説します。

高校で不祥事を起こした孤独の天才ランナー走(カケル)が、不祥事の騒動から逃げるように陸上部のない都内の大学に入学します。

カケルは、貧乏のため野宿をしながら万引きを繰り返していました。

あるとき、万引きをしたカケルの走り去っていく後ろ姿(フォーム)の美しさに、小説のもう一人の主人公であるハイジが心を打たれ、自分の住んでいる竹青荘(通称 アオタケ)に招き入れることから、この物語は始まります。

そして、カケルを加え、ちょうど10人になった竹青荘の住人たちに、ハイジは言います。

このメンバーで、箱根駅伝を目指そう。

それぞれが特徴や悩みを抱えている竹青荘の住人たちは、走ることに関してはほとんどがまるっきりのど素人でした。

竹青荘の住人たちは、ハイジのこの突拍子もない発言に、当初こそ不平をこぼしていたのですが、徐々にチームは結束し、継ぎはぎだった陸上部が、次第に「箱根駅伝」という大きな目標に向かって走り出していきます。

設定こそ漫画やアニメのような話かもしれません。

しかし、風景や心情の描写が繊細で、また物語の展開の仕方も、まさに「駅伝」のように順番に主人公が入れ替わる形で疾走感を持って紡がれるので、文庫本で600頁を越える大作にも関わらず、あっという間に読み切ることができます。

 

僕は、子供の頃から箱根駅伝が好きで、年明けになると胸を高鳴らせながらテレビの向こうで駆ける姿を見つめていました。

今でも、甲子園の出場選手と箱根駅伝のランナーは不思議と年上のように映ります。きっと「あの頃」に戻って画面を眺めているのでしょう。

また、僕自身も駅伝に出たことがあります。

駅伝と言っても小学生の頃のことで、クラスの担任の若い女の先生が監督兼保護者でした。

一人あたり1km〜1、5kmという距離を、5人でたすきを繋いでいく形式で、そのとき僕は二区を走りました。

遠くから同級生がたすきを持って走ってくる姿も、途中でランナーズハイになって一瞬どこまでも走れるような感覚になったことも、次々と抜き去っていく瞬間の風も、「あの51番、はええ」という観衆の声も、鮮明に記憶に残っています。

今でも、つい先ほどのことのようです。

 

小説の世界では、この竹青荘と彼らの所属する寛政大学は、成城学園前と祖師ケ谷大蔵のあいだくらいに建っています。

成城学園前も、祖師ヶ谷大蔵も、両方とも世田谷区で、小田急線で一駅の距離にあります。

ちなみに大学は架空の学校で、モデルは法政大学という声もありますが、どうやら作者が取材に行った大学が法政大学のようです。ただ法政の陸上部は名門ですし、この辺りで成城学園前と祖師ヶ谷大蔵のあいだと言うと成城大学くらいだと思います(モデルかどうかは分かりません)。

途中、寛政大学陸上部が練習の一環として多摩川まで走っていくシーンがありました。

成城の住宅街から急勾配の坂を下り、野川を抜け、小田急線を眺め、多摩川の河原に辿り着きます。そのシーンを読んでいると、ああ、この町をカケルが走り抜けていったんだなあとちょっとだけ不思議な気持ちになります。

この物語は、走るということ、繋ぐということを通して、ハイジの言う、「速さ」ではなく「強さ」が、追体験できるスポーツ小説になっています。

読みやすいので、小学生、中学生の夏休みの読書感想文にもおすすめの一冊だと思います。

Amazon.co.jp で見る

0