星の見える東京
日記

五月、富士山に雪

五月二十日。日曜日。快晴の空。多摩川から見た富士山は雪をかぶっていた。

確かにそれほど気温は上がらず、東京の最高気温も22℃だったので、富士山も雪が降っていてもおかしくないのかもしれない、とは言え一瞬驚いた。

それとヘビを見た。久々のヘビだった。

小鳥が数羽空からアスファルトに降りてきて、可愛いなと思いながら視線で追いかけたら、僕の視線を感じたのか小鳥たちの横をするすると横切って逃げるように草陰に隠れた。

雀とヘビ

屋根裏には必ずといっていいくらいヘビがすんでいた。しかも天井板など張られていなかったから、ときにはヘビが梁から座敷の真ん中にぶら下がっていたり、あるいはドサッと大きな音を立てて落ちてくることもあった。いかにヘビとの共同生活であっても、やはり気持ちのいいものではなかった。

だからヘビを見ると、「ヘビがいるわよ」と互いにささやき合ったが、ヘビを指差すことは決してなかった。ヘビを指差すと指先が腐ると言い伝えられ、恐れられていたし、また、ヘビは神様だとも言われていたので、決して殺すこともしなかった。

出典 : 農家の生活  狛江市役所

これくらいの時期の涼しさが一番心地いいな、と思う。

0