星の見える東京
日記

夏もうぐいすは鳴く?

[PR]東京6万円以下専門店【部屋まる。】  [PR]引っ越しってどこが安いの?

連日連夜の暑さで、すっかり体力を消耗中…。日中はもちろん、夜も熱帯夜が続く。

今日も、35℃近い猛暑のなかで、ふと、遠くからうぐいすの鳴き声が聴こえてきた。

一度だけでなく、何度も繰り返し鳴いていた。

うぐいすは、「春告鳥」と言われ、春の到来とともにさえずる。だからか、あまりうぐいすが夏に鳴くという印象がなかった(たぶん初めて聴いた)ので、正直驚いた。

うぐいすの「ホーホケキョ」という美しい鳴き声はオスのもので、繁殖期のメスに対するアピールのためにオスが鳴いている。

また、縄張りを守る意味合いで鳴くこともあるそうだ。

繁殖期は、春から夏にかけて、ということなので、夏にうぐいすが鳴くのはそれほど不思議なことではないらしい。

これまで意識していなかっただけなのかもしれないけど、このうだるような夏の暑さとうぐいすの鳴き声の組み合わせが、僕にとってはちょっと斬新だった(山奥などでは割と聴けるらしい)。

ちなみに、うぐいすは渡り鳥ということでもないようだ。

季節が終わるとどこへ姿を消してしまうのだろう、と思っていたけど、別に姿を消しているわけでもなかった。

鳴き声が、「ホーホケキョ」というさえずりから、「チャッチャッ」という地鳴きに変わるだけで、彼らは草むらなどで普通に暮らしているそうだ。

0