星の見える東京
日記

多摩川の灯籠流し

多摩川の灯籠流し

お盆の終わり頃に、狛江市を流れる多摩川の河川敷では毎年「灯籠流し」が行われています。

今年、この狛江の灯籠流しを初めて見にいってきました。

日中は怪しげな雲行きだったものの、日が暮れる頃には三日月がくっきりと姿を現し、夜には多摩川水道橋の下を柔らかな灯りが流れていきました。

灯籠流しは供養の儀式なので、お坊さんのお経が河川敷に響き渡ります。

浮世離れしたようなお坊さんのお経と、小田急線の走り去っていく車窓の灯りと、暗闇をたゆたう灯籠が、まるで現世と異界の混じり合うような不思議なおもむきを感じさせてくれました。

花火も、夕陽も、この橋を越えていく小田急線が風景のちょうどいい隠し味になっているな、と思います。

ボート屋の裏手の川面に続く石段に座ると、隣には、母親と幼い男の子が座っていました。

男の子は、美味しそうに苺のかき氷を頬張り、母親は、ゆっくりと流れてくる灯籠を眺めながら、「あんなにたくさんの想いがあるんだねえ」と呟きました。

その母親のこぼした言葉に、かき氷を口に運ぶ男の子の手が止まります。そして、薄闇の向こうにうっすらと見えるか細い少年の眼差しは、ゆらゆらと揺れる灯籠に向けられました。

男の子は、その灯りを不思議そうにじいっと眺めていました。

多摩川を流れる灯篭

ふと気づくと、背景を彩る音色は、お経から懐かしい民謡のような演奏に変わっていました。

震災の影響からか、近しい人たちの死があったからか、それとも年齢を重ねたせいなのか、「供養」という「死」に向けられた想いが、以前よりも深く心に沁みるようになった気がします。

夜空を見上げると、三日月を薄白い雲が囁きのように横ぎっていきました。

0