星の見える東京
日記

住宅街にひっそりたたずむ万葉歌碑

狛江の万葉歌碑

多摩川の土手を調布方面に向かって散歩していると、途中、道路沿いに「万葉歌碑」という標識が目に入りました。

矢印は、住宅街の奥を指しています。

閑静な住宅地の景色と、「万葉」という古めかしい言葉の組み合わせに引き寄せられるように矢印の先に進んでいくと、ひっそりとした狭い空き地に、「万葉歌碑」が立っていました。

多摩川にさらす手づくりさらさらに 何ぞこの児のここだ愛しき

これは、万葉集にある一首で、作者は不明。布を作る際の工程に、白くするために水洗いしたり、日光にあてる、というものがあり、そのときの布のようにこの子はなんて愛おしいんだろう、という意の歌。

この愛おしい児が、女性のことなのか、子供のことなのかは諸説あるようです。

この歌が刻まれた万葉歌碑は、1802年、多摩川のほとりに建てられたのですが、1829年の洪水によって流されてしまいました。

そこで1923年に多くの尽力のもと、万葉歌碑が再建されることとなりました。

僕は、万葉歌碑のあった場所から、土手に戻って座り、この歌の舞台となった多摩川をぼんやりと眺めていました。

Processed with VSCOcam with a6 preset

もうすぐ一年が終わります。ここにたまたま辿り着いたあなたも、よいお年を。

0