星の見える東京
狛江の魅力

狛江の魅力「映画ソラニンの舞台」

映画『ソラニン』の舞台を彩る町

浅野いにおさん原作『ソラニン』の映画は、小田急線沿いにある和泉多摩川駅(狛江市)周辺がロケ地。

芽衣子と種田の暮らしたアパートや語り合った河川敷、ボート乗り場など、この小さな町が『ソラニン』の世界の舞台となっています。

原作の漫画に登場する商店街や多摩川の雰囲気も、この和泉多摩川の景色と一緒なので、浅野いにおさんも、きっとこの町をモデルにして描いたのでしょう。

多摩川沿いを歩くと、とても穏やかな景色が広がっています。

冬には遠くにきれいな富士山が見え、春は桜並木が弧を描くように伸び、風景が季節ごとの優しい色合いを見せてくれます。

東京は今日、
ちょっといい天気で、

いつものように
小田急線が走ってて、

多摩川では
恋人達が
ボートをこいでいた。

浅野いにお『ソラニン』より

先日も、散歩中に河川敷で映画かドラマの撮影をしている光景に遭遇しました。

色々な「ドラマ」の舞台になる理由も分かる気がします。ここは、物語を注ぎ込める静かな余白で溢れているのでしょう。

あわせて読みたい
小田急線沿線の駅で一人暮らしにおすすめの住みやすい街小田急線沿線の駅で一人暮らしにおすすめの住みやすい街「狛江」 皆さんは、東京都心から少しだけ離れた(世田谷区から電車で数分)、小田急線...
0