星の見える東京
日記

成人式と、多摩川の夕陽

成人式と多摩川の夕陽

成人の日。狛江駅前には、例年通り、成人式のために振り袖姿やスーツ姿の若者が集まっていました。

時間帯のせいなのか、それとも少子化の影響なのか、なんだか去年よりも人数が少ないような気がしました。

若者たちの姿を見て、ふと、数年前の成人の日のことを思い出しました。

駅前で男女数人のグループから写真を撮ってくれと頼まれ、カメラを渡されたときのこと。

僕がシャッターを押し、カメラを返すと、去り際に青年のうちの一人が、「ありがとうございます」と丁寧にお辞儀をし、その姿を見て、僕は「立派なもんだ」とおじさんみたいなことを思った、そのときの感覚が不思議と残っていたのでした。

多摩川の夕陽は、今日も綺麗でした。

繰り返し眺めても、決して「見慣れる」ということがないのは、自然の風景も、僕自身も、きっと一度として同じ瞬間がないからなのでしょう。

画家のモネが、同じ風景を何度も描きたくなった気持ちも分かる気がします。

もしかしたら、ひととの付き合いもほんとうは「慣れる」ことなどないのかもしれません。

いつも通りに笑うあのひとも、笑い返す自分も、部屋にさしこむひかりも、音も、刻々と過ぎ去ってゆく時間も、いつだって「はじめまして」で、いつだって「二度と会えない」存在なのですから。

0