星の見える東京
狛江の歴史

狛江の地盤と関東大震災の被害

狛江の地盤の固さ

東京直下型地震や東海沖地震などが心配されるなかで、地震の被害想定の目安の一つとして「地盤の固さ」があります。

そこで狛江市の地盤は固いのか、それとも弱い(揺れやすい)のかということを調べてみました。

ある記事によれば、都内では狛江の地盤は「弱い」ほうの部類に入っています。下記の数字が上がるほど地盤が弱く、1、5を越えると要注意、2、0以上だと強い揺れへの備えが必要だと言います。

 

◇1/多摩市/1.04
◇2/八王子市/1.14
◇3/稲城市/1.23

 (中略)

◇34/品川区/1.60
◇35/豊島区/1.64
◇36/狛江市/1.74
◇37/文京区/1.99
◇38/足立区/2.06
◇39/千代田区/2.15
◇40/港区/2.27
◇41/中央区/2.28
◇42/江東区/2.30
◇43/荒川区/2.38
◇44/葛飾区/2.39
◇45/江戸川区/2.41

出典 : 日刊ゲンダイ「地盤から読み解く M7に耐えられる 揺れに強い街ランキング」より

 

ただ、以前狛江市の歴史資料を展示した展覧会に行ったとき、古くから狛江に住んでいるという案内のおじさんに訊いた際には、「(狛江は地盤が)固いほうだと思うよ」とのことでした。

実際、僕自身も肌感覚としてはそういう印象があります。

 

 

関東大震災の狛江の被害

また、案内のおじさんはこのとき「関東大震災でも狛江の被害は少なく、むしろ被害の大きかった地域に物資を輸送する役割を担った」とおっしゃっていました。

狛江市のホームページには、関東大震災のときの狛江の様子や被害状況について、以下のように細かな描写が掲載されています。

 

覚東の高木雄一さんは中学の始業式を終えて下校の途中であった。朝からの雨は上がって青空ものぞいた。金子(京王線の駅、今のつつじケ丘)から歩いて家が見えるところまで来たとき、ぐらっときた。

傘を杖にして頑張ったがこらえきれない。草をつかんで寝転んでしまった。土が割れてもうもうと土煙が上がった。

岩戸の秋元重光さんは妹さんと相之原(岩戸の八幡神社の東の小字)に桑摘みに行っていた。

籠いっぱいになったので帰ろうとしたとたんに、川向こうからゴーッとえらい音がしてきた。同時に黒い煙がもくもくと舞い上がる。畑がゆれだし、籠を背負って歩くどころではなかった。

よろける足で家にたどり着く。母親は必死になって傾いた蚕棚(こだな)を押さえ付けていた。蚕は上簇直前まで育っていた。

多摩川では水面が盛り上がり、びっくりした魚が河原にとび上がって跳ねた。道路や水田ではあちこちで段差ができた。地下水を押し上げて、青い砂交じりの水が吹き出したところもある。

土蔵の壁が崩れ落ちたりはしたが、倒壊した家は全村で一軒もなかった。炊事どきにもかかわらず出火もなく、「人畜死傷ナシ」の状況であった。

出典 : 狛江「関東大震災」

 

死者10万人以上の甚大な被害を被った関東大震災で、全村で倒壊した家が一軒もなく、この地震の多数の死者の原因となった火事もなく、「人畜死傷ナシ」というのは、ほとんど奇跡と言ってもいいかもしれません。

ここに描かれた地震当時の状況(「傘を杖にして頑張ったがこらえきれない。草をつかんで寝転んでしまった。土が割れてもうもうと土煙が上がった」)を見ても、決して「揺れなかった」ということはないのでしょうが、不思議ですね。

もちろん、震源地によって被害状況は全く違ってくるので、日頃の対策(「東京防災」)は怠ってはいけないですが、一つの参考になさって下さい。

0

スポンサーリンク

映画『ソラニン』も視聴可能の定額動画配信サービスU-NEXT。動画以外にも書籍、漫画、アニメ、雑誌などにも対応。いつでも簡単に解約可能な31日間の無料体験サービス実施中。(*本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

0