星の見える東京
狛江の魅力

狛江の魅力「ゲリラ豪雨の少ない地域」

ゲリラ豪雨の少ない地域

経験上、他の地域と比較すると、狛江はゲリラ豪雨に降られることがあまりありません。

東京都心や、隣町の川崎がゲリラ豪雨で大変なことになっていても、世田谷で雷が鳴り響いても、多摩や調布が雹でニュースになっても、なぜか狛江だけは小雨がちょっとぱらつく程度、ということが、もはや偶然と呼べないくらいに頻繁にあるんです。

まるでこの辺りだけ結界が張られているみたいに。

狛江市の降水量をピンポイントで計ったデータがないので、あくまで感覚的に過ぎませんが、たぶん周辺の地域と比較して「ゲリラ豪雨が少ない」と思います。

理由を考えてみたのですが、もしかしたら建物の低さや自然の多さが影響しているのかもしれません。

ゲリラ豪雨の原因の一つに、「ヒートアイランド現象」があります。

ヒートアイランド現象とは、都市部のコンクリートやアスファルトの密集によって風通しが悪くなったり熱がこもりやすくなる現象を指します。

このヒートアイランド現象が、旧来の「夕立」とはまた違う、急な積乱雲の発達やゲリラ豪雨と関連していると考えられています。

だから、もし狛江でゲリラ豪雨が少ないとすれば、それは狛江市内の建物の低さや密集度が高くないこと、川沿いにあることなどが影響しているのかもしれません。

地面がむきだしの面積も多く、川があったり建物が全体的に低いことで風通しがよくなっていることに由来するのだと思います。

0