星の見える東京
狛江の魅力

都内で家賃が安い、静かな川沿いの駅〈和泉多摩川〉

静かで住みやすい、おすすめの穴場駅〈和泉多摩川〉

冬から春にかけてのこの時期は、大学の合格が決まった新入生や、新社会人が東京での新しい生活に向けて引越しの準備を始めている頃でしょう。

東京にキャンパスや勤務先があるなら、東京と比較して家賃の安い近隣県よりも、どうせなら一度は都内で一人暮らしを、という風に思うかもしれません。

しかし、家賃の面で言うと、県境を一駅越えるだけでも家賃相場には結構な差があります。

そこで今回は、東京都内で、新宿まで電車で30分圏内、家賃が安い、しかも静かで住みやすいという、小田急線沿線のおすすめの穴場駅「和泉多摩川」の魅力を紹介したいと思います。

 

2018年3月から狛江駅には準急が停車するようになりました。

 

とにかく、家賃が安い

まず、なんと言っても「家賃が安い」というのが、おすすめの理由です。

和泉多摩川(狛江市)の家賃が安い理由として、「急行が止まらない」ことや、その圧倒的な「無名さ」などが挙げられるでしょう。

電車でたった5分、数駅隣が世田谷区なのですが、世田谷区から狛江市に入った途端、家賃相場はすとんと下がります。

東京23区内のワンルーム、1K、1DKの家賃相場を見ると、世田谷区は8.25万円です(参照 : 東京23区の家賃相場情報)。

また、小田急線沿線にある世田谷区で、和泉多摩川駅から電車で5分の成城学園前駅が、7.57万円です。

一方、和泉多摩川駅の家賃相場は、6.19万円です(参照 : 小田急線小田原線の家賃相場情報)。

たった5分で、相場が1万円以上も下がるのです。

和泉多摩川は、世田谷区の隣でありながら東京の隅でもあり、神奈川との県境に面しています。

駅のすぐそばを多摩川が流れ、その向こう側が神奈川(登戸)。橋の途中が県境になっています。

神奈川に位置する小田急線の急行停車駅としては、登戸や新百合ヶ丘、町田などがありますが、「都会」の度合いで言えば、都心寄りの和泉多摩川のほうがだいぶのどかな印象を受けます。

 

 

川沿いの静かな駅

東京都内でも、もっとも無名と言ってもいい狛江市(全国で二番目に小さい市)の、さらにその隅にある和泉多摩川駅。

他の駅と比較すると人も少ないですし、町全体が静かで、ゆったりとした時間が流れています。

同じ多摩川沿いの駅でも、再開発によって様変わりした東急田園都市線の二子玉川駅と比べると雰囲気はずいぶん異なります。


画像 : 東急 二子玉川|東急電鉄

画像 : 和泉多摩川|タウンハウジング新宿

この和泉多摩川駅前の写真は10年近く昔の景色のようですが、今と比較して一点の変化もありません(褒め言葉)。

 

 

自然が豊かで、散歩が楽しい

川沿いの駅なので、もちろん自然もとても豊かです。

川面に反射する陽光は優しくきれいで、野鳥もたくさん飛んでいます。

四季折々の変化もうつくしく、春は桜が土手沿いを彩り、冬には遠くに雪をかぶった富士山が見えます。

犬と一緒に暮らすようなら、犬との散歩にもおすすめです。少し前に河川敷にドッグランもできました。

 

関連記事

狛江の魅力「小田急線沿いの駅で一人暮らしをするなら狛江がおすすめだと僕が思う5つの理由」

狛江の魅力「都内、小田急線沿いのおすすめの静かな桜(花見)の名所

 

和泉多摩川は、自然の好きなひとにとっては、穏やかな景色に包まれながらランニングや散歩の堪能できるたいへん住みやすい町だと思います。

東京都内で、家賃の安い駅、自然が豊かで住みやすい町を探しているようなら、小田急線沿線の和泉多摩川駅は、きっと満足のいくおすすめな町となるでしょう。

私選! 小田急線沿線(東京&神奈川)で大学生の一人暮らしにおすすめの駅ランキング小田急線沿線(東京&神奈川)で選ぶ、大学生の一人暮らしに住みやすいおすすめの駅 そろそろ大学受験も本格化。無事合格が決まったら...
0