星の見える東京
日記

狛江の花火大会の感想

多摩川(和泉多摩川)の河川敷で開かれた、狛江市民花火大会を見てきた。

狛江の花火大会は開催自体五年ぶりらしく、一ヶ月ほど前から町内のあちこちの看板や市役所に沢山のポスターが貼ってあった。

ただ、「行った」というよりも「立ち寄った」というほうが正確で、人ごみが苦手なので序盤だけで帰ろうと思いながら、花火の会場に向かった。

会場には、多少座る場所も残っていたけれど、僕はすぐに帰れるように高架下の手前のガードレールに寄りかかりながら空を眺めた。

隣には老夫婦が並んで立ち、「もう始まりました?」と待ち遠しそうに尋ねてきた。「これからみたいですよ」と僕は言った。

夕暮れどき、背後の遠い空には積乱雲が立ちこめ、内部を這うように稲光が明滅していた。雷鳴とともに見物人が振り返った。

まもなく夕陽が沈み、協賛企業の紹介と市長の挨拶が始まる。天気の心配はなさそうだ。マイクの声は、川沿いの涼やかな風と待ちわびる観衆の喧騒にかき消される。

気づくと夜空が広がり、女性のアナウンスでカウントダウンが始まった。

そして、アナウンスの声と、まばらに重なった観衆の「ゼロ」という掛け声とともに、想像していたよりもずっと大きな花火が、小田急線の走る鉄橋の遥か上空に打ち上がった。

色とりどりの花火と、走り過ぎていく列車の車窓の灯りと、静かに夜空を見上げるたくさんの人々の姿が折り重なって、美しく幻想的な光景だった。

花火の煙が風に流され、ほんの少し咳き込んだ。

僕は、20分くらいで帰路に向かった。帰り道の途中、振り返ると、サプライズのクラッカーのようなピンク色の花束が夜空に飛び出すのが見えた。


小田急線の上に上がる花火。


思っていたよりもずっと大きかった。


花火大会が終わり、静まり返った多摩川の河川敷。

夜、静かになった頃合いで花火の終わった多摩川の河川敷を散歩した。

まだ広場に残って飲んでいたのか、酒の臭いをぷんと漂わせる若い女性や、木陰でキスする恋人たち、花火の後片付けをしている人たちがいた。

祭りの終わったあとの静まり返った町には、散った花火の欠片のような紙くずが、寂しげに転がっていた。

0