星の見える東京
日記

調布の蚤の市に行ってきた in 2017年、秋

[PR]東京6万円以下専門店【部屋まる。】  [PR]引っ越しってどこが安いの?

十一月は、四日の夜にちょっと雨が降った以外はずっと秋らしい天気が続いている。

昼は柔らかな陽射しでぽかぽかと暖かく、風も心地よい。今日も、そんな風に優しい日和の一日だった。

僕は、イヤフォンを耳につけスピッツを聴きながらぼんやりと多摩川を散歩し、調布方面に向かって歩いていった。

台風の去ったあとだからか、多摩川の水がとても清らかだった。

調布では、ちょうど土日に東京オーヴァル京王閣で蚤の市が行われているのでぶらっと寄った。

 

 

入場料は五百円、パンフレットを見せると再入場ができる。久しぶりの蚤の市。

特にこの場所で行われる蚤の市を訪れたのは数年ぶりだ。

以前訪れたときよりも、店舗数がずいぶんと増えた気がする。天候にも恵まれて家族連れや恋人同士で賑わっていた。

中古のフィルムカメラ、可愛い盆栽、アンティークの家具、おしゃれな鞄、赤ちゃん向けの服、食事やおやつコーナーの店も充実し、若い女の子が首から下げたカメラで興味津々に次々とシャッターを切っていた。

音楽隊の演奏に合わせて人形がダンスし、子供たちが嬉しそうに笑う。

大人も子供も、だれもが楽しそうな表情で満ちた、夢のような素敵な空間だった(ふと幼少期に行った、お祭りを思い出した)。

 

出入り口付近にある物々交換用の本棚。持っている本をラッピングして紹介文を載せ、別の本と交換できる。

 

体力的なこともあって、ぐるっと回ってすぐに会場を出た(お昼時だったが、会場が広いのでのんびりと座るスペースは結構あった)。

また、ゆっくりと三十分くらいかけて狛江に向かって歩いていく。

でも、その前に、河川敷のベンチに座って一休みをしようか。

 

 

さて、帰ろ。

0