星の見える東京
日記

雪の降る日も鳥が鳴く

昨日、東京で久々の大雪だった。

横断歩道の信号待ち、次々と降り落ちる雪をじっと眺めていた。

歩いていたら、どこからか鳥の鳴き声が聴こえてきた。雪の降る日でも鳥は鳴くんだな、と発見だった(あんまり意識したことがなかった)。

この辺りでは、雪は尊い。

たとえば、春がくれば桜は必ず見られる。他の地域から苗木を持ってくることもできる。

でも、雪は、もちろん旅行や引っ越しで雪国に行くこともできるけれど、もしなんらかの事情(たとえば病気とか)で行けないようなら、雪の降る木を持ってきて庭や河川敷に植えるわけにもいかない。

雪は、ただ受け身で待っている以外にないものだ。

僕の友人は大学進学で上京して「初めて雪をみた」と言っていた。一生で一度も雪に触れないまま、というひともいるし、いつが最後の雪になるかもわからない。

友人関係でもあるような、「ああ、思えばあれが最後だったか」というのと似ている。

雪の気まぐれや運命のいたずらで、もうこの先ずっと出会えないかもしれない。

そんなことを思いながら、遅めの冬の始まりを堪能した。

0