星の見える東京
狛江の自然

頭に二本の羽根がついた白い鳥は?|野川の野鳥

頭に二本の羽根がついた白い鳥は?

そろそろ桜の時期も終わり、葉桜も増えてきた四月中旬のこと。

道を桜の花びらが風に吹かれて転がり、菜の花が川辺に咲き誇る野川沿いを散歩していると、一羽の白い鳥が川のなかをひょこひょこと歩いていました。

その白い鳥は、なにやら頭の上に二本の白い羽根が髪の毛のようについていて、餌となる小魚を探している様子です。

野川を歩く白い鳥

頭部から二本の羽根

調べてみると、この鳥は「コサギ」という名前の鳥でシラサギの一種。

頭に生えた二本の羽は繁殖期に入ると現れる飾り羽で、サギ類はオスとメスの両方に生えるようです。

繁殖期は4月 – 9月。年に一回の繁殖で、餌は川の魚や蛙、ザリガニなどを捕食とのこと。

コサギは熱心に水中を眺めながら歩き、岩陰に何か餌になりそうな生き物でも見つけたのか、くちばしを伸ばすように一生懸命ついばんでいました。

また野川の野鳥もちょっとずつ掲載していけたらと思います。

0