星の見える東京
日記

多摩川の土手から見た、世田谷区たまがわ花火大会

世田谷区たまがわ花火大会の夜

二子玉川で開かれた、世田谷区のたまがわ花火大会を観賞。

日中ずっと雨が降っていたのですが、ひとまず多摩川の土手沿いを二子玉川の方向に向かって歩こうと家を出ました。

打ち上げ時刻の10分前になっても相変わらずの雨模様で、多摩川に集まっていた見物客の多くが、高架下で雨宿りをしたり、ビニール傘を差しながら下流方面に向かってゆっくりと歩いていました。

僕も、ひとまず水浸しの土手を靴が濡れないように、水たまりを避けながら歩きます。

それから次第に雨は弱まり、小雨がぱらつく程度に。そして、ほとんど降っていないかな、という頃合いで、ちょうど予定時刻の19時を迎えました。

その瞬間、遠くの夜空に立ち上っていく心許ない一筋の光。

花火の光が反射し、水たまりがほんのりと色づき、水滴のついたビニール傘の向こうに、次々と花火が打ち上がっていきます。

水たまりとビニール傘と花火の彩りと、とても不思議な景色でした。

僕は傘を閉じ、花火の方角に向かって再び多摩川の土手沿いを歩き続けました。

民家の前では、車椅子のお爺さんが座りながらじっと打ち上がる花火を眺め、後ろでは車椅子のハンドルに手をかけたお婆さんも一緒に見ていました。

普段は人通りの少ない寂しげな土手沿いの道も、この夜ばかりは花火に高揚する大勢の見物客で溢れ、僕は、「ようこそ、ようこそ!」という嬉しい心地でいっぱいになりました。

電波塔を越えた視界の開けた辺りで、僕は立ち止まって遠くに上がる花火を見ていました。

下流の方角には、闇にぽうっと浮かぶ二子玉川の高層ビルの窓の灯りがともり、ビルのすぐ横を花火が次々に華々しく咲いては儚く散っていきました。

ささやかな歓声とささやかな拍手が、夜風にまぎれて聴こえてきます。「たまや〜、たまや〜」という男の子に、「たまやばっかりじゃないか」とお父さんが笑っていました。

花火は、それぞれの人生や心境によって、湧き上がってくる感情も変わります。

打ち上がって消える、その刹那ごとに、老夫婦も、少年も、溢れる想いの色や声音はきっと違うでしょう。

数え切れない、ただの一つとして同じではない想いが、花火とともに溢れ出す。

そんな風に思うと、僕は思わず泣き出したくなる。嬉しさと苦しさと悲しさとやるせなさとが入り混じって、遠吠えのように叫びだしたくなる。

帰り道、雨上がりの夜道を歩きながら、ふとモンパチのあの歌を口ずさんでいました ─── 泣かないで、愛しいひとよ。

泣かないで、愛しいひとよ。

0