星の見える東京
狛江の自然

台風後の多摩川・狛江の写真②「調布との境の辺り」

台風後の多摩川・狛江の写真②「調布との境の辺り」

台風が去ったあとの多摩川・狛江の写真を撮影。

多摩水道橋の二子玉川方面の河川敷も、木が流され、砂利道となるなど、すっかり様変わりしていましたが、調布方面の、ちょうど狛江と調布の境辺りの河原の景色も一変していました。

この辺りも、台風以前は古く厳そかな木々が立ち、季節がおとずれると菜の花やヒナゲシが咲く河原でしたが、濁流に流され、海の砂浜のように寂しい景色になっていました。

これは以前撮った風景。一枚目の奥や三枚目の右手に写っている木々も、みんな流されてしまったのか、台風のあとには姿を消してしまっていました。

ごっそり上からえぐり取られたような変わり果てた姿。砂利というより砂浜みたいになっていたのが印象的です。

より川の中心部だったからなのか、それとも老木だったからなのか、この辺りの木々は流されていってしまいましたが、少し離れた、心もとなく頼りなさそうに見えた若い木々は、激流に耐えて残っていたのが自然の摂理のようでした。

頑張った子たち。

寂しくなった河原にも、さっそく野鳥がたくさん飛んでいたので、フンにまじって種がまかれ、また多摩川の緑もゆっくり回復していってくれるかもしれません。

0